早すぎても女性は物足りないものです

人気№1
Yメール
>>セフレ募集サイトの詳細はこちら
人気№2
出会いライン
>>セフレ募集サイトの詳細はこちら
人気№3
SWEET LINE
>>セフレ募集サイトの詳細はこちら

セふれ関係に飽きてしまったら、もはや別れも秒読みになってしまいます。女性というのは、前日まではセふれとのHを大好きだと思っていても、気持ちがなくなってしまったら、体を許すことも拒否してしまったりするものです。

しかしセふれは別れを承諾せずに、しまいには「Hをしてからもう一度考え直して」なんて言ってきたりする事もあります。このようなときに、決別をするための言葉を口にするようにしたほうが良いでしょうね。

ただし、ここで紹介をする言葉は、男性として相当傷ついてしまうという事もありますから、「これまでいいたくてもいわなかったけど」と前置きをしてから別れの言葉を継げるようにしてください。

・サイズが小さい

サイズが小さくても気持ち良いフリをしていたと発言をするのです。

反対に大きすぎても、女性としてはきついものがあるかもしれませんが、小さくても気持ちよくないものです。だから、自分は満足できないと伝えるわけです。

・イクのが早すぎなんだよね

長すぎても女性は苦痛かもしれませんが、早すぎても女性は物足りないものです。また彼が絶頂を迎えるのが早すぎてしまうということも、女性としては不満ですが、前戯をほとんどしない男性も、女性としては不満を感じてしまったりするものです。

男性のことが好きなのであれば、まだ我慢をすることができるかもしれませんが、もう愛情がないのであれば、このように早く終わってしまうような男性に抱かれることすら嫌でしょう。

なおこれらのセリフは男性の怒りにふれてしまうという事もありますから、いつでも逃げられる環境で伝えるようにしたほうが良いですね。

甘い言葉の裏には罠がある

セふれを見つけるときに、女性サイドの書き込み場を目にしてアプローチするのはどうなのでしょうか。当然、これは効率的な方法です。

しかし、ダイレクトにエッチしていない期間が長期化しています。

一線を引いた付き合い可能なパートナーを求めていますとか、言いにくいのですが、セふれを求めていますという文章は気をつけないといけませんね。

男女が知り合えるネットサイトの未経験者は、このような誘惑的なフレーズに慣れていないので、ついついリアクションを起こしてしまいます。異性同士が知り合えるネットサイトでは、誘惑的なフレーズの反対側にはトラップがあるのが当たり前です。

このことをちゃんと記憶しておきましょう。このような誘惑的な文章をアップするというのは、大体二つの目的からです。

一つとしては、料金のかかるネットサイトに誘い込むためです。

そしてもう一つが、連絡先を集めるためです。アプローチされるだけなら、文章が一通送信されてくるだけなので、削除すれば済む話ですよね。しかし、別のネットサイトや企業からもたくさんの文章が送信されてきます。

どうしてかといえば、個人連絡先を集めて、男女が知り合うネットサイトやいやらしい企業に売買するような業務を行っている会社もあったりするからです。なので、書き込み場なんかで、激しい、誘惑的、ドキドキするような文章があがっていたら無視したほうがいいですね。

もし、ちょっと経験してみたいとユーザーになるのであれば、使っては破棄できるフリーの連絡先を活用することです。

また、ひとまず私の表情を見てとかいやらしい映像を目にして欲しいなど、誘惑的なアプローチも無視するようにしましょう。

普通の女の子がそこまで思い切ったことをするはずがありません。まともに見極めるのがベストです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ